曇り時々...

れいとっぽのブログ

大山崎ふるさとセンター対戦会に参加した。

参加費無料の対戦会があるぞ!との情報を聞きつけ応募。主催者側のツイートを見るに、今後同じ場所で格ゲー対戦会を開いていきたいとのことだ。つまり今回は試験的にとのことで無料と考えられる。

早速だがどんな感じだったか書いていこうと思う

 

1:アクセスが良い。

なんと言ってもこの開催場所である大山崎ふるさとセンターの最大の良さは場所だろう。

最寄駅はJR京都線(大阪-京都を繋ぐ路線)と阪急線にそれぞれあり、さらに駅から徒歩5分以内の場所にある。

関西で有名なスマブラ大会であるスマバトやマエスマTOPの開催場所は新大阪駅大阪駅から出発しても乗り換えが必要な場所にあるのでアクセスの良さは目立ちます。

f:id:latefair:20200224214614j:image

 

 

2:会場は広すぎず

私的にあまり会場が狭すぎたり広すぎたりすると初心者は行きづらそうと考えるのですがここは個人的はかなりちょうど良い広さでした。

 

 

3:スマブラ以外のゲームもある。

今回はサムライスピリッツソウルキャリバー用のスペースも用意されてました。

これ個人的にはかなり良いと思いました。なぜなら別のゲームのプレイヤーって交流することがあまり無い(偏見)からです。

同じ格ゲーならゲームごとの考え方を共有すればあまり意識してなかった部分などに気付けるきっかけにもなるかもしれないし、単純に新規プレイヤーを誘い込むチャンスでもあります。

今回は完全に分離してた印象でしたが....お互いに「スマブラもやってみませんか?」「サムスピはこういうゲームなんですよ」みたいな交流が行われることを期待したいところです。

 

 

 

4:場所に対しての参加人数が多すぎる

ちなみに今回の対戦台の数は20台くらいなのですが参加者は100名越え、多すぎる。ていうか普通に会場のサイズ的に100名はキャパオーバーに感じた。人が多すぎて対戦台を3人で順番交代して使おうとしても椅子を用意できない、他のゲームとの交流どころでは無いって感じでした。主催者側の方々には今後の参加人数はしっかり考えてほしいところ

 

f:id:latefair:20200224214826p:image

コミケかよ

 

 

ただ定期開催される対戦会としては結構良くなる未来が見えたので期待してます。

人多かったけど

 

 

まじで人が多かった

まじで