曇り時々...

れいとっぽのブログ

100日かけて女声を練習し始めた話

時は2020年8月くらいに遡る。

 

外出自粛の世の中で私はあるものに熱中し始めていた。

それはVRChat

バーチャル世界で暮らすことができるSNSである。

 

家の中から出られないことっていうのもあるが

私は男性だがかわいいものが好きだったりとか髪の毛染めたかったりとか自分の好きな生き方が堂々としずらかった。

しかしバーチャル空間だと自分のなりたい姿になることができるのでのめりこんでしまったのである。

f:id:latefair:20210117233719p:plain

↑バーチャル空間上での私

↓現実の私

f:id:latefair:20210117233645p:plain

 

 

しかしここで自分の姿が理想と違うことに気づいてしまったのである。

 

自分の声はそのまま!!

 

※他の人が声がそのままなのは一切気になりません。

 自分がそのままでしゃべることに気になってしまったという話です。

 

 

 

だから......

f:id:latefair:20210117234515p:plain

 

そう、そして私は声を変えようと決意したのである。(半ばノリで)

 

 

 

しかも何も考えずTwitter

#100日後に女声になるれいとっぽ

(れいとっぽは私の名前)

というハッシュタグを作ってしまい毎日投稿の呪縛にとらわれるのであった。 

 

 

 

 

女性の声の出し方といってもなにもわからないので情報を集めてみる。

幸いなことに正しい理論に基づいた情報を得ることに無事成功。

また100日という期間に余裕を感じて声自体の特訓からはじめたのである。

 

 

 

 

 

10日くらい練習したところで声の変化は一切みられない。

とりあえず困った結果、話し方という別の方向に逃げているのである。

 

 

 

 

 

 

 

声の変化が一切みられない。

このことが申し訳なさ過ぎて言い訳してる動画まで出した。

ちなみにこのお気持ち表明が何故か妙に伸びて困った。

 

 

 

 

 

運悪く仕事が急に忙しくなってきて、この企画を続けるためには睡眠時間を削るしかなかった。

寝ながら撮影している光景が見れるのはここだけ。

この企画を始めて最も後悔した瞬間である。

 

 

 

 

 

自分の中で声が変わっていると感じれたのがここ。

40日たって初めて変化感じられるってかなりやばいのだが。

しかも変化が少なすぎて100日経っても無理だぞと危機感を持ち始めた。

いやー無理無理

 

 

 

 

 

何とかして目的を達成するためにかなり練習した。その結果けっこう露骨に変化が出てきてテンションが上がっている。

ちなみに仕事はもっと忙しくなり寝落ちして動画の投稿を逃すということが出てきた。

仕事ゆるさん。

 

 

 

 

 

 

12月25日に投稿する。

ちなみにこの日仕事が超長引いて帰ったらクリスマスがほぼ終わっていた。

仕事ゆるさん。

そして帰ったらこの動画が待っていた。

 

 

 

 

 

日の数え方を間違えて、同じ日が二回投稿されている。

ついにふざけた。ネタ切れでふざけたのである。

 

 

 

 

 

新年ということで自分で目標のハードルをあげた。

女声で歌を歌いたいという、完全に目的が変わってしまったがまぁ良し!

いや全くよくないが......

 

 

 

 

 

70日以上続けてくるとたまに動画を見てくれている人もいて嬉しくなれる。

もはや逃げられなくなったが逆にここまで来ると楽しくなってくる。

人間って怖いね。

 

 

 

 

 

残り20日であとちょっとと思った。

しかし冷静に考えると20日はちょっとではない、この気持ちの違いは何なんだろうか。恋?

 

 

 

 

 

あれ?

 

このあたりで続きが無いけどもしかして打ち切りですか?

 

違いますこの企画は現在進行形で進行中なのです。

そう、進行中の企画をまとめる暴挙に出ていたのです。

 

というわけで

twitter.com

 

私の姿と声を最後まで見届けて!!(露骨な宣伝)

それではまたね。