曇り時々...

れいとっぽのブログ

派手な旗を振った

そこにいた。

 

いつの間にか

 

その目に映らなくなった

 

だから旗も振った

 

派手な旗も作った

 

自分が薄いから

 

薄くなったから。

 

そう思っていた。

 

違う

 

違う場所を見ているんだ。

 

でも、

 

たまに振り向くその瞬間が

 

 

忘れられないままでいるんだ。

 

 

たまに振り向くその瞬間が

 

 

私が離れられない理由だ。